高齢の両親 食事作り

地方在住の高齢の両親の食事作りに困っています

 

一番効果があるのは夕食に糖質制限を取り入れる方法でかなり太っている人は厳しい糖質制限が必要なりますが、普通の体重の人ならいえるかな糖質制限で十分です。

 

一回の食事を糖質制限するだけでも十分に効果が出るような年齢ですので、厳しい糖質制限をする必要はなく長い目で健康になっていくことが大切です。

 

お菓子お食事の代わりにするというのはやめましょう。若いとめちゃくちゃなことをしても大丈夫ですが、風の中では高血糖が起きている可能性が高いです。

 

そうすると40代から50代になった時に糖尿病になる可能性が高くなります。

 

ですので、お菓子代わりに砂糖を食べるというのやめましょう。そして美容重視して痩せすぎたらことも良くないです。

 

古川いおりちょびちょび食べる方がいいです。

 

ご飯の方がブドウ糖より分解吸収に時間がかかるので血糖値の上がり方が緩やかです。

 

地方で食事作りができない高齢者

はらぺこでたくさんドカ食いするようなことはやめたほうがいいですが、50グラムの砂糖を700cm水に溶いて5分以内飲むと30分かけて飲むのでは血糖値の上昇が全く異なっています。

 

ちびちび飲んでいるとあんまりインスリンが出ないで血糖値が上がりません。

 

糖質が過剰だとインスリンがそれを脂肪に変えようとします。

 

ですので、ドカ食いすると太るということになります。

 

240gのブドウ糖80gず3回に分けて4時間の間隔をあけて食べる場合東15分間隔でちびちび食べた場合では急上昇しなくて済むということが分かっています。

 

ですので、健康な方であってもドカ食いは避けた方が良くちびちび食べる方が体にいいということがわかります。

 

ちびちび食べる方が血糖値が上がりにくい1日3回規則正しく食べるとインスリンが大量に分泌されて反応性低血糖症を起こすこともありますので、注意が必要です。

 

体重を維持するための糖質量というのはどれくらいなのでしょうか。それは標準的な体重の場合は男性は1600キロカロリー女性は線を240キロカロリーぐらいだといわれています。

 

男性は960キロカロリー女性を860キロカロリーを糖質を取ることでカロリーを摂取するということになっています。

 

それは糖質は240gから216gなることを意味してご飯では4杯分ぐらいのご飯ということになります。

 

ですが、糖質が多すぎます。

 

体重維持にはその半分ぐらいがちょうどいいです。

 

高齢者の健康的な食事は

だから男性では120g女性では110gぐらいです。

 

痩せたいのであればもっと糖質を減らす必要があります。

 

糖質制限減額になる必要はなかっぱで構いません。

 

ラーメンがいけなかったのか野菜炒めだったら大丈夫なのかという適当な感じで構いません。
これまでより炭水化物を減らすことを続けることで血糖値が下がっていくということがわかります。

 

そして目安量1日単位で区切らなくても大丈夫です。

 

守れない日があっても守れた日でも問題ありません。高齢者用の食事通販は便利です。

 

1週間単位で平均して守れてればいいと思います。

 

寿司やに行った日はたくさん食べていいですし、その次の日は糖質を減らすようにすればいいのです。
玄米がいいのか白米がいいのかGI値が低いもの血糖値が高くなりにくく糖尿病に良いというふうに考えられていました。

 

ですので、白米より玄米の方が良いのでしょうか。と聞かれることがよくあります。

 

玄米が好きなゲームを食べていいですし、ハクまだ好きな白米食べていいです。

 

どちらにしてもほとんど差はありません。

 

出典はこちら⇒高齢者用の食事通販