通勤 日焼けしたくない

通勤で日焼けしたくない、紫外線対策したい

皆さんは光老化という言葉を知っていますか。
実は紫外線を浴びると将来シミができるかもしれないのです。

 

通勤で日焼けしたくない、紫外線対策したい

 

最近ではシミだけではなくしわやたるみなどの肌の老化現象の大部分が紫外線を浴びたことにあるダメージだということが分かって驚きが広がっています。

 

紫外線を浴びると5年後10年後もしかしたらあまり紫外線を浴びていない人よりひどくなってしまうかもしれません。

 

人間には黄色人種と肌が黒い人白い人さまざまな人種がいます。

 

私たちは黄色人種で日本人ですが、白人は肌が白くてもっと体温の影響を受けやすい人たちです。

 

肌にメラニンが生まれるとそれが日傘の役割をしてくれるのですが、白人はメラニンが作られにくいので太陽の紫外線の影響時間に受けてしまいます。

 

それで私達より紫外線対策をしっかり行っています。

 

そのような方法の一つに飲む日焼け止めがあります。

 

飲む日焼け止めというのはそれは前から普及してきていて飲むことで紫外線のケアができるというものです。

 

2016年に入ってからは日本でも飲む日焼け止めが作られるようになりました。

 

ホワイトヴェールという言葉を知っているかもしれませんが、cmなどで流していて有名な飲む日焼け止めです。

 

モデルさん達も使っていて自分を支えたいなと思っている人も少なくないと思います。

 

光老化と普通の老化の違いとは

肌の老化には光老化と年齢による老化の二つの種類があります。

 

光老化というのは紫外線を長く受け続けることによって起こった岩場デメリットのようなものです。

 

一方年齢で起こるものはだんだんと進んでいくもので止めることができません。

 

年齢的な老化に紫外線によるとかが加わったのが肌の老化だと思って間違いありません。

 

そうすると真皮の中にあるコラーゲンなどの素質が編成してきます。

 

そうすると肌の弾力が失われて生きて肌がしわくちゃになってしまったりします。

 

飲む日焼け止めと塗る日焼け止めの違いはそれでは飲む日焼け止めで光効果が対策できるということですが、どのように効果があるのでしょうか。

 

まず基礎知識として紫外線は3個の種類があります。

 

地球に届くのは紫外線と紫外線Bの二つです。

 

水ぶくれなどができる肌にいい見た目だけでわかる障害が起きるのがUVBです。

 

一方を見た目での変化はないけれどだんだんと肌の老化起こしてしまうのがUVAです。

 

UVAは一見障害がなさそうに見えますが、実はとても害があります。

 

というのは見た目は変化がないのですが、細胞を傷つけたりDNAを損傷するなどミクロの世界で悪さをするからです。

 

これまでの塗る日焼け止めというのは皮膚につけることで紫外線をカットする効果がありました。

 

しかし使っているとわかるように塗り直しナイト効果がなくなってしまいますし、海で1日遊んだ日などにはどうしても日焼けをして水ぶくれが出来てしまうこともあります。

そんな時に活躍できるのは飲む日焼け止めです。

 

紫外線対策は肌だけではない紫外線対策が必要なのは肌だけではありません。

 

体の表面にあるものはすべて紫外線の影響を受けます。

 

例えば名は例外ではありません。

 

目の中には紫外線が入って行き失明する恐れのある白内障を起こすことがあります。

 

それ以外に頭の皮膚には紫外線が降り注ぐことで皮膚が消耗し抜け毛の原因なるなどのことも考えられます。

 

日差しが一番強いのは5月から9月といわれています。

 

特に多いのは7月から8月太陽が垂直に南中するときに一番紫外線の噴射測量が増えています。

 

そんな対策も飲む日焼け止めがあれば簡単です。

 

飲む日焼け止めの成分とは飲む日焼け止めの成分はニュートロックスサンというポリフェノールです。

 

これはスペインで開発された成分でローズマリーとシトラスのエキスから作り出しています。